大学紹介:東京外大って?

英語担当:熱田 毅

大学受験、どこを受けたらいいか?

大学受験は色々な意味で難しいなと思わされます。

中学や高校受験の時は、大体、自分の成績で学校を決めたのではないでしょうか?

かく言う自分もそうでした。

しかし、大学受験となるとそれだけで決めることができません。

それぞれの学科、大学で学べることが全く違うからです。

もし、今、大学受験の機会を与えてもらえるならば、あまりにも沢山やりたいことがありすぎて、中々、1つに絞られないだろうと思います。

実際、自分が大学受験をしたころに比べると、年々各大学は新しい学科を設立し、魅力的なカリキュラムを整えています。

高校生の皆さんは、どんな大学・学部・学科に進路を定めたらいいのか、迷っている人も多いかと思います。
そこで、自分自身の学んだ大学体験を語ることで、皆さんの進路選択の参考にしてもらおうと思い、出身大学について書かせていただきます。
特に外国語を学びたいと思っている人には、参考になるかと思います。

自分のやりたいことを考えて、大学を選ぶ!

高校時分、私自身は大学受験に関して、迷いはありませんでした。

なぜならば、スペイン語を専門的に学びたかったからです。また、その理由はいつか書く機会があれば書きたいと思います。

専門的にスペイン語となると、正直、選択肢は限られます。

外国語大学です。

大学受験の際、私は東京外国語大学を受験しました。関西ではほとんど聞かれない大学だと思います。

実際、卒業した高校始まって初めてこの大学に行った生徒でした。

外大は、専門言語の授業がとっても多い!

ただ、冠に「東京」とは付いているものの、高層ビルが立ち並ぶような、いわゆる都心にあるわけではありません。新宿から電車に揺られて、西へ30分ほど行ったところです。

東京にもかかわらず、最寄り駅はまさかの西部多摩川線という単線です。因みに、大学が出来る前の駅名は「多磨墓地前」という名称でした。

何とも言えない感じですが、ともかく緑豊かな場所にキャンパスはあります。

外国語大学の最大の特徴は、専攻言語に関わる授業が多いことです。

専攻語というのは、工学部の応用理工科のように大学受験をしたときの学科にあたるものです。

因みに、私の場合は先にも言ったようにスペイン語でした。そう考えてみると、専攻語の授業が当たり前といえば当たり前です。

ただ、他大に通っていた高校の友人と会ったとき、自分の置かれている状況を理解しました。

少し大学の基本的なことを先に説明させていただきたいと思います。

一応、法律で決められているのですが、大学卒業には124単位以上が必要です。

ただ、基本的に大学3、4年生で留学をしたり、就活があったりと忙しいことが多いので、3,4年生ではあまり授業を取らないようにするのが普通です。

それゆえ、1、2年生の間に、多めに単位を取ることが基本です。

しかし、多いと言っても、せいぜい、1コマ2単位の授業を週に10コマ前後登録するだけです。

つまり、平均一日2コマです。

高校とは大違いです。授業もある程度自由に取れるので上手いこと授業のスケジュールを調整すれば水曜休みの週休3日にできたりしてしまうのです。

その友人も私にスカスカのスケジュール帳を見せて笑っていました。しかし、当時そんな実態を知らなかった私は、苦笑いを浮かべるばかりでした。

なぜならば、自分のスケジュール帳には、専攻語だけで週6コマ入っているのです。

おそらく、ここで多くの方が、やっぱり「外国語大学」は外国語しか勉強しないんだと思われるかもしれません。

しかし、それは実情ではありません。

実は単位に関してのトリック(?)が隠されていたのです。履修案内をよく見ると「専攻語」に関連する科目は1単位とするとあるのです。

つまり、実質的には、3コマ扱いにされてしまうのです。だから、あと少なくとも7コマ取らなければならないのです。

結果的に週13コマとなってしまいます。

さらに、当時、専攻語の授業は決して単位を落とすことができなかったのです。それは、1単位でも落としたら他の専攻語関連の単位も取り消され、留年だったからです…(入学前には知りませんでした)

だから、かなり必死で勉強しました。そう言っても、好きな科目であったので、そこまで苦には思いませんでしたが。

ともかく、週休3とか、午前中だけの授業しかないという「大学=楽」のイメージは持たない方がいいです。

外大での専攻語の位置づけとしては、あくまでも「基礎」なのです。

その上に、自分の興味のある専門科目を学び積み上げていくと思うと分かりやすいかもしれません。

実際、「経済学」、「社会学」、「国際関係学」、「文学」、「歴史学」、「言語学」など多種多様な科目が用意されています。

外大は、こんな感じの大学です。かなりハードではありますが、言語に興味があって、さらに何か深めたいと思う方にはピッタリだと思います!
外国語の知識や勉強法については、しっかり学ことができます。

*東京外大については、大学の公式HPをぜひご覧ください。


私は、今、そんな大学での学びを生かして、皆さんに英語を教えさせてもらっています。英語や外国語の学び方については、しっかりお伝えできると思いますので、英語の受験勉強で悩んでいる時には、いつでもご相談ください。

英語力は合格への必要条件
LEADは、英語教育を大事にしています。受験のための英語留学も実施中

予備校との違いやパーソナル指導について
お気軽にご質問ください

0743-73-9498

受付時間13:30~22:00(月~土)

リードは地元の皆様とともに歩んでおります

リードについてご紹介いただける地元企業・店舗を随時募集しております。
イベント・パンフレット設置などお問い合わせください。