自分の将来について真剣に考える

数学科主任:岸谷

先日のある生徒とのやりとりから

 

生徒「○○大学に進学したいんです。」

岸谷「そうなんや、どうして?」

生徒「○○大学に進学した、ということをみんなに言いたいからです。」

 

私は愕然としました。

大学で何かを学びたい、やりたいではなく、ただただ有名な○○大学に進学することを目的としていたのです。

聞けばその生徒が通う高校では、多くの生徒が同じような価値観で進学先を考えているとのこと。

自分ではなく、他人の価値観によって進学先を決めてしまう。

とても恐ろしいことだなと感じました。

(幸い、この生徒は○○大学でやりたいことが後で見つかりました。)

 

これを読んだ中高校生は今からすぐにでも、自分の将来について真剣に考えてみて下さい。

世間の評価ではなく、自分で考えて決めることが大切です。

 

これを読んだ中高生の保護者の方は、将来について、お子様の話をじっくりと聞いてあげて下さい。

ご自身の経験や考えを押しつけるのではなく、一緒に考えてあげることが大切です。

 

さまざまな変革が押し寄せ、多様な価値観が生まれている令和の時代において、いい大学をでて、いい企業に勤めて、、、という人生モデルがうまくいくとは限りません。

(大卒の3年以内離職率は30%を超えています。)

参考:https://www.mhlw.go.jp/content/11650000/000556419.pdf

より詳しい資料 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000137940.html

 

中高生は自分の(保護者の方はお子様の)将来について、今一度、じっくりと見直してみてはいかがでしょうか。

予備校との違いやパーソナル指導について
お気軽にご質問ください

0743-73-9498

受付時間13:30~22:00(月~土)

リードは地元の皆様とともに歩んでおります

リードについてご紹介いただける地元企業・店舗を随時募集しております。
イベント・パンフレット設置などお問い合わせください。