日本語の読み方を習ったことがない子どもたち

日本語の読み方を習ったことがない子どもたち

英語主任:岩崎 裕子

新井紀子さんの著書「AI vs 教科書が読めない子どもたち」で、実はどれだけ多くの子どもたちが実は日本語ー教科書を読めないかが明らかになり、大きな話題になりました。

長年、LEADの国語の授業は、日本語という言語を対象化してロジカルに読む訓練です。

まず主語と述語はどれなのか、文の修飾はどこにかかるのか。ほとんど外国語のように、多くの生徒は日本語のルールをよく理解していません。トップクラスの進学校にいく一部の生徒以外は。

(奈良は教育費にかける費用の割合は全国1位、センター平均も全国2位。大阪から越してきた人は、公立でもその学力差に愕然とする程なので、日本人全体からすると学力の高い層ですが。)

実際、高校生を指導していても、社会の教科書を読める人は非常に少なく(情報盛りだくさんですし)、化学や生物も教科書の理解から入りますが、数学の設問ですら、問題文の日本語がわからなくて解けない生徒が多くいます。

母語が読めない、ということは、一つは語彙力不足、そして日本語の文章を読んだことがないことが影響します。彼らにとっての日本語とは友人との会話をさし、日本語における「書き言葉」と「話し言葉」の違いを教えられたことすらありません。

これらは「自然に身につくもの」とされ、ほとんど自己責任の世界だったからです。

現在の教育では、論理的に日本語を読み解くトレーニングがあまりなされていないようです。

そして自分は文章を読める、とかなりの人が思っていますが、『文字が読める』と『文としての意味がわかる』の間の違いを知らないのが実情です。。

文章を正確に読むトレーニング、まずそこからAI時代を生き抜く確かな学力、知性の土台を作ります。

伸びにくいと信じられている国語ですが、LEADでは、だいたい3ヶ月くらいするとたいていはっきりした伸びが出てきます。

今年5月模試8月模試の伸び(例)

Aくん77% → 83%

Bくん36% →56 %

Cさん 51% →64%

 

予備校との違いやパーソナル指導について
お気軽にご質問ください

0743-73-9498

受付時間13:30~22:00(月~土)

リードは地元の皆様とともに歩んでおります

リードについてご紹介いただける地元企業・店舗を随時募集しております。
イベント・パンフレット設置などお問い合わせください。