0743-73-9498✉︎メールでのお問い合わせ▶︎
奈良県生駒市谷田町371−3ファミール生駒101
電話受付時間:13:30〜22:00(平日)
高校別合格体験記

東大寺学園

<S.I君> 京都大学経済学部合格

僕は中三の冬からリードに通いはじめました。中高一貫校に通っていて当時定期テストでは真ん中付近だったのですが、模試の類ではずっと最下位辺りにいました。まさにどん底からのスタートでした。

リードに入って今までのテスト勉強が暗記ばかりに頼ってその場しのぎであったことを思い知らされ、本当の学力をつける勉強法を教えてもらいました。また僕は家ではどうしてもサボってしまうタイプだったので受験勉強を始めてからは毎日リードに自習に行きました。リードではひたすら基礎的なことを勉強しました。学校の友達が大手塾の難しそうな問題集を解いているを見ると不安になったことが何度もありました。でもその勉強法が基礎力のなかった僕だけでなく、みんなに共通する最適の勉強法だと今は思っています。

もちろん入ってからすぐには模試の成績は上がりませんでした。でも高一高二と上がるにつれて模試の成績もちびちびと上がっていき、何よりも定期テストの勉強が楽に感じるようになりました。高三になると模試でも親に見せることのできる成績が取れるようになったり、悪かった国語がいつの間にか得意科目になって「乾、書く文章良くなったよ。」と学校の先生に言われるようになりました。

受験ではぜんぜん手応えがなかったので合格したときは信じられず、何で受かったのかな~と思っていました。学校の先生にも「よう受かったな~。後輩のためのいい資料になるわ。」と言われました。だからリードの先生方にはとても感謝しています。
本当にありがとうございました。

そして最後に、リードに通っているみんなも学校の貴重な資料となってください。

西大和学園

<S.F君> 京都大学工学部合格

この度は京都大学に合格させていただき、リード個別の先生方にとても感謝しています。
僕は中学三年生の時からリードにお世話になっていました。その時からリードでは英語を見てもらっていましたが、それまでは学校の授業はしっかり受けていたのに成績が上がらず、理由もわからず、泥沼にはまっていく思いでした。しかし、リードで勉強をしていくうちに自分の弱点に気付いていき、高校3年のときにはあんなに苦手でだった英語が自分の得意科目になっていました。これが京都大学合格につながったと思います。

それ以外にも高校からは国語と数学を見てもらっていました。

国語は最後の最後まで苦手科目ではあったのですが、平均点には届くまでに実力をあげることができました。センターまでは模擬試験で120点しか取れていなかったのに、直前まで指導してもらった結果、本番は160点をとることができました。これで2次試験は自信を持って受けることができました。

数学は自分の中では得意科目で教えてもらうことはあまりないと思っていましたが、実際に教えてもらうと、自分の弱点に気付くことができました。京大は「論述の京大」と呼ばれるほど記述には厳しく、僕の記述力では、答えを出しても、記述で半分ほど減点されてしまうといったものでした。でも、リードで見てもらった結果、答えが出せる問題については記述で減点されないようになり、たとえわからなくても丁寧に記述することで半分点数を稼ぐことができるようになりました。数学はまさに僕の切り札になったんだと思います

上述のように実力をあげることができましたが、それ以上にリードには大切なことを教えてもらったと思います。それは睡眠の大切さです。

僕が本当の意味で勉強に悩んでいたのは高二の夏で、その時は迫りくる受験に焦る気持ちが強く、睡眠時間を削ってまで勉強をしていました。しかし、思うように成績も上がらず、体調もがた崩れし、どうすればいいか全く分からず、京大合格に絶望感を感じていました。

そんなときに僕を救ってくれたのはリードの先生でした。僕が眼の下にクマを浮かべ、意識が朦朧とした状態で勉強している僕に気付き、僕から学校の課題を取り上げ、寝るように勧めてくれたのです。僕はなんでか苦痛から解放されたような気分でした。それから僕は毎日7時間以上の睡眠をとることにしました。

このおかげで、受験勉強の苦痛は半減しました。毎日がすがすがしく、勉強にも100%の力で取り組むことができました。

睡眠の大切さに気付かなければ、僕は京大はおろか、ほかの大学にも合格することはできなかったと思います。

これから受験を迎える後輩たちに伝えたいのは、この睡眠の大切さです。もちろん勉強も大切です。しかし、睡眠を怠ることは自滅を意味します。たとえ睡眠時間を確保するために勉強時間が短くなったとしても、最大限の集中力でカバーすることはできます。

高校3年の一年間はあっという間。急がなくてはなりませんが、焦ることなく、何が自分にとって大切なのかを考え、受験勉強に励んでください。

<H.U君> 大阪大学経済学部合格
このたびは大阪大学経済学部に無事合格出来てリードの先生方にとても感謝しています。この合格はリード無しでは有り得なかったでしょう。
合格体験記ということでリードでの僕の受験勉強を振り返りたいと思います。
僕がリードに通い出したのは高二の春からでした。そのころ僕は学校の定期考査ではまあまあの成績を取れてはいましたが、大学受験の勉強の仕方が分からず徐々に焦りだしていました。
僕は初め、早く応用的な問題を数多く解いていかなければならないのではないかと思っていました。しかしリードで授業を受ける内にいかに基礎的なことが大事か思い知らされました。自分では分かっているつもりでも、基礎はまだまだ穴だらけだったのです。そうして基礎を固めるべく(特に数学と英語)僕はほぼ毎日リードに来て勉強するようになりました。 
家では誘惑が多すぎてなかなか集中して勉強が出来ないものですが、リードには自習室もあり集中して勉強することが出来ました。
また国語の記述問題や英作などは初め支離滅裂で解答になっていないようなものでしたが、先生方の丁寧な添削のおかげで点の貰える解答が作れるようになっていきました。
こうして日々リードで勉強をしていると難しい問題でも得点出来るようになり、センター試験ではボーダー以上を得点し、そして二次試験も突破することが出来ました。

最後に、これからリードで勉強する人へのメッセージとして。
焦らず、粘り強く、また楽しんで勉強してください。努力は決して裏切りません。

<S.Sさん> 早稲田大学政経学部合格
私は高校3年生からリードに通い始めました。
私の高校は授業が終わる時間が決まっていないので自分の予定にあわせて時間が決められたほうがいいと思い入塾しました

私は3人の先生から教わりましたがどの先生も授業がとてもていねいで、分かりやすかったです。
個別授業なので、授業中自分の分からないところをすぐに聞けたり、カリキュラムを自分で決めたりすることができました。
今まで集団授業しか受けてこなかった私にとって、このスタイルはとても合っていました。
自学自習では克服できなかった弱点がなくなり、テストの点数も取れるようになりました。
その結果評定も上がり、推薦をもらうことができました。

その後の小論文演習や面接練習も背景知識をふまえてしっかりと教えていただいたので本番も緊張せずに試験を受けることが出来ました。

合格が決まったあとも大学で役に立つようにと政治経済の授業をしてくださり、受験のための勉強ではなくその後も見据えた勉強を教えてもらいました。

最後に。色々とお世話になりました。ありがとうございました

奈良学園


<K.I君> 京都大学工学部合格
僕がリードに通い始めたのは高Ⅱの11月頃。目指すは京都大学、模試の判定はD or E。
志望校は、雲の上の存在だった。何をやったらいいのかわからない、そんなとこからのスタートでした。

『何事も初めが肝心』というもので、入塾してから3・4ヶ月は苦しい日々が続きました。
この時期に僕を支えてくれたのは、京大への憧れとリードの先生方でした。
この壁を乗り越えると後は坦々と勉強をするだけ、成績も勉強量に比例してあがっていきました。
成績が上がったといってもなかなか実感も湧かないと思うので、実際の数値としては、
苦手だった英語が センター英語 128→184
これは正直言って自分でもびっくりでした。
センタ―英語は、はっきりと実力が反映されるものなので偶然ではないと思います。
最後に、受験で最も重要なのは、『普段通り』つまり、いかにして本番で実力を発揮できるかです。

僕自身は中学受験の時、緊張のあまり第一志望の受験で名前を書くのを忘れてしまいました。
そんな経験があったせいか、「大学受験でも同じような失敗をしてしまうのでわないか」という不安に駆られていました。
ここで解決してくれたのは、あの有名な『ドラゴン桜』でした。
「ドラマで見た!」という人もいるかもしれませんがマンガで読んでください。試験での落ち着き方や答案の書き方・・・まあ、色々書いてます。
そこら辺のマンガよりも絶対に役立ちます。
「じゃあ買わなければ・・・」そんな心配はいりません。
ちゃっかり、リードに全巻あります。

といった感じですかね。要は、第一志望への憧れをしっかりと持って頑張ってください。
これからのリード生のご活躍とご健闘を祈っております。
またこの場をお借りしてリードの先生方や両親にお礼を言いたいと思います。
今まで本当にありがとうございました。

では、この辺で・・・

<H.Iさん> 早稲田大学人間学部合格

先生と生徒の間に壁がない、そんなアットホームでみんなが仲良しな塾。それがリードです。

 私がリードにお世話になり始めたのは、中3の秋。「…ん?数学が段々わからなくなってきたかも。」そう思い始めたことがきっかけでした。

リードは個別授業のため、授業でわからないと思ったところは遠慮なくすぐ聞いて、すぐ解決することができました。そのため、分からないまま次に進んでしまうということはありませんでした。また、事前に問題集を解いておくことによって、80分授業をまるまる質問にあてることができ充実した時間を過ごすことができました。

そして何といっても、自分の予定に合わせて授業の時間を決めることができたため、高Ⅱの文化祭に集中したり、高Ⅲの春まで部活を続けたりすることができたと思います。

高3の秋には、たこ焼きパーティーがきっかけとなり、塾生の間の絆も深まりました。また、仲の良い塾生ができたことにより、塾に行くことがとても楽しみで、受験でのストレスなどが逓減したかと思います。

 このようにリードでは学習面だけではなく、精神面までもサポートしてくださる、他にはない温かい塾です。これから受験に取り組んでいく人は、リードの先生や仲間と楽しく勉強し続けて、合格を勝ち取ってください。くれぐれも体調には気を付けて、今できることを今すぐやる。ただそれだけです。

 最後になりましたが…今まで本当にありがとうございました。リードに出会えて本当に良かった!!

<K.Y君> 慶応大学総合政策学部合格

大手の予備校に通っていたのだが,そこでの小論の授業では最も大切な部分が抜けていた。というのも、その授業では実際に小論を書くだけで,先生が一方的に社会学系の知識について説明し,我々はその知識を踏まえて議論するという機会を与えられなかったのである。

議論なしには知識を理解する事も、定着する事も難しいのである。しかも、私は世界史を選択しておらず,先生の説明する知識の背景などが分からない事が多々有り、結局小論は予備校に頼らない事にした。
だが、小論の参考書の大半は小論の型に重点を置くものであった。また、内容について吟味している本もあったのだが,私にはかかれていることが氷山の一角であるような気がして理解に苦しんだ。
そういう訳で,私に足りない知識が何であるかを見つけ教えていただけ、丁寧に議論の出来る、個別指導の塾に通うことにした。妹がお世話になり,友達の紹介もあり,通う個別指導の塾をリードと決めた。
まず、リードでは多くの本、今まで読んだ事のないジャンルの本を読み進めていった。私は知識が乏しく初めの2,3ヶ月は読むのにとても時間がかかったが,リードの先生は私が分からない用語があると、その用語に関連づいた多くの事をその都度教えてくれた。

リードで先生と本を読み、内容について議論した事は、私の知識を増やしただけではなく,私の考え方も変えていった。何気ない事や、当然のように思っていた事について、どのような背景があるのかを知りたくなっていったのである。
その様な姿勢で臨んだこともあり、今私は将来どのような分野を研究し、活躍していきたいかを見つける事が出来た。今から振り返るとリードで1年間学んだ事は本当の勉強であったと思う。

結果は,慶應(総合政策)に進学する事になった。そこは、試験科目が英語と、小論だけであり,合格最低点が英語、小論ともに7割という厳しいものである。リードで1年間個別で教えてもらっていなければ,今私は合格から程遠いところにいたであろう。

帝塚山学園

<林 由佳さん> 奈良県立医科大学医学科合格
 

 この度、奈良県立医科大学に合格しました。長年の夢だった医師への第一歩を踏み出せて本当に嬉しく思います。リードでお世話になったのは高2、高3の二年間でした。教科担当の先生だけでなく、直接授業を担当していただいていない先生にもよくしていただき、この二年間はあっという間に過ぎていきました。リードの一番の特徴は、大手の予備校と違って先生と生徒の関係が密で、生徒1人1人にあったやり方を親身になって考えてくださることだと思います。そのおかげで私自身、苦手だった物理の成績が望んでいたレベルにまであがりました。今リードに通っている人も、またこれからリードで学習しようと考えている人も、こうしたリードの長所を生かして苦手を得意に変えていってください。

 ―― 勉強の仕方 ――
 各教科の勉強法について私の使っていた問題集・参考書をあげながら説明していきたいと思います。

 ・英語
 幼いころから習っていたこともあり、英語は比較的得意でした。ただ、分からない単語があっても調べるのが面倒なので適当に読み飛ばして文脈だけで理解するという解き方をしていました。そうした雑さが祟って見当違いの訳をすることが多々ありました。そのままではまずいと思ったので、学校で配布された赤・青ユメタンはしっかりと覚えることにしました。決められた単語集を繰り返し復習することで単語量がかなり増え、難易度の高い和訳でも高得点をキープできるようになりました。英作対策としては、「英語の構文150」に載っている例文をすべて暗記し、足りない部分はチャート式の該当単元の例文を覚えることで補いました。こうした暗記は中1から中3にかけて負担にならない程度に行い、高校に入ってからは覚えたものを繰り返し復習するだけにしました。主要な構文を一通り頭に叩き込むことで英作をする際に使えそうな構文がすぐに頭に浮かぶようになり、短時間である程度のレベルの文を仕上げられるようになりました。長文に関しては勘が鈍らないように週に一本ずつ読むくらいで十分だと思います。

 ・数学

 数学に関しては、下手に応用問題に手を出さずに基本問題を繰り返し解くことをモットーにしていました。そこで、青チャートを何周もして解法を覚えることにしました。数Ⅲだけはあまり時間がなかったので2周ほどしかしていませんが、数Ⅰ・数Ⅱは最低でも5回以上、苦手な問題なら10回以上解きました。それでもやはりチャート式だけでは不十分なので、数Ⅰ・数Ⅱはプラチカをやりました(数Ⅲのプラチカは私には難しすぎたので途中で挫折しました)。これだけやれば、模試でもそこそこの成績は取れるようになると思います。

 ・理科

 理科も数学と同じで基本問題を繰り返し解くのが大切だと思います。私は物理・化学を選択していたのですが、どちらも重要問題集とセミナー化学・物理を何度も解き直していました。物理に関しては、それに加えて名問の森と物理入門問題演習を解きました。現役生にとって理科は1番手の回らない教科で、足を引っ張ることも多いです。しかし量をこなせば成績は徐々に上がるので、あきらめずにやり続けるのが大事だと思いました。

 ・国語・社会

 私の場合はセンターだけだったので、特に書くことはありません。とにかくセンター過去問・予想問題を多く解き、勘を養っていくしかないと思います。ただ、地理に関しては暇なときにNHKの高校講座を見ておくといいと思います。正直、つまらないと思うことのほうが多いのですが、時々知らなかったような豆知識が含まれていることがあります。センター前日にこの番組を見ていたのですが、その内容が翌日のセンターに出題されていて驚きました。 

―― 最後に ――

 浪人生に比べ、現役生は優秀な人を除けば2次力がないことが多いです。私も2次力にはあまり自信がなかったので、センターで高得点をとることを目指していました。センターで95%以上とっておけば、特に奈良医大の場合だと2次でそれほど点数がとれなくても逃げ切ることができます。皆さんも是非センターで高得点を狙ってください。
 
<R.F君>
 東京大学理科1類合格

僕は中3の夏ごろから高3で卒業するまでの3年半の間リードに通っていました。
真剣に勉強に打ち込んだからか、この3年半はとても短く感じられました。まだリードを卒業した実感は全くないですが、合格という形でここを卒業できたことへの感謝を込めて、この合格体験記ではリードでの勉強を中心に今までの受験生活をできるだけ簡潔にまとめたいと思います。

僕の通っていた学校が中高一貫校だったので、中3で入ったときは受験のことなんて何も考えてなかったですね。学校の数学が難しくなってきて、成績が伸び悩んでいた時、親の勧めでなんとなく入ったのがきっかけでした。

入ってからはいい刺激をたくさん受けました。周りの高校生の人や自分より年下の子らが集中して勉強している姿を見て、「うわ、勉強せな。」って思いました。
リードは予備校とは違い、少数精鋭で周りの人のモチベーションが高いのが大きな魅力だと思います。入塾以後少しは勉強するようにはなりましたけど、受験や周りの人は全く意識せずにマイペースに基礎ばっかりやっていました。
でも今振り返るとこれが逆に良かったんだと思います。自分の経験上下手に受験や他人を意識して難しいテキストに手を出すより、基本的で、応用の幅が利く問題集一冊を何度もやることで完璧にしたほうがはるかに学習効果が高いです。
しかし完璧にするには、解説を読むだけでは不十分で読んだ内容をしっかり理解することが必要になってきます。リードでは気軽に先生方に質問できたので先生方との議論を通じて理解を深めることができたと思います。

高3になってからも数学に加えて物理を習い始めたこと以外は高2までと全く一緒でした。前期が終ってから発表までの2週間以外は今までリードで確立した勉強法に自信を持って楽しく勉強できたと思います。高3になったからといって、変に変わる必要もないと思います。でも今思うと自分はちょっと危機感が足りなかったような気もしますね・・・。

合格が決まったときのうれしさは言葉では言い表せないくらい大きいものです。でも何よりうれしかったのはリードの先生方が僕の合格を自分のことのように喜んでくれたことです。今までリードで頑張ってきて良かったと確信しました。

最後にこれからリードで勉強する人へ・・・。先生と楽しんで勉強して合格しちゃってください。ここではそれが可能です。

最後の最後に今までお世話になった先生方へ・・・。
いろいろと御指導していただきありがとうございました。この塾のめぐり合えて本当に良かったと思います。

<S.U君> 神戸大学海事科学部合格

「これはいよいよまずいな…」と思いだしたの2年の後半でした。僕は部活などが忙しくて1、2年の間は正直勉強をサボっていました。初めてリードに行った時には「2年かかっても追いつくかどうか…」と言われた程でした。
そして3年になって本格的に勉強をスタートしました。リードの利点はなんといっても個別で教えてもらえるということです。塾はたいてい授業が講義形式なので自分が「分からない!」と思った瞬間には質問できないのですが、個別指導だとスムーズに自分の勉強を進めていくことができます。それに先生方が素晴らしかったので自信が湧いていきました。

それでも受験勉強というのは本当に辛いものでした。それは自分をいじめ倒したからです。僕はとりあえず自習室などでは最後の一人になるまで帰らないという条例をつくりました。
これのおかげでみるみる実力はついていきましたが、それと比例して顔がやつれていきました。なるべく体調管理はしたほうがいいと思います。僕のように面倒だから昼飯はヨーグルト1本ですますのはおすすめしません。

そんなこんなでついに前期の試験がやってきました。自分の中では緊張せずに受けられたつもりでした。しかし、解答速報を見て得意の物理でミスをしてしまっていることがわかり、その日は風呂場で号泣しました。このとき受験は本当に何が起こるか分からないということを実感しました。
しかしそのおかげですっきりし、次の日からは後期の勉強を始められました。前期の発表の時、少し期待していましたがやはり落ちていました。それでも、落ち込むことなく後期までふんばりました。
正直これに落ちたら浪人しようと考えていたので底力を発揮し、なんとか合格に至りました。発表の後、すぐにリードに連絡をすると先生方が「おめでとう!よかったね」と言ってくださったので、僕もリードにしてよかったと思いました。 


奈良女子大付属 

<R.Iくん> 九州大学工学部合格

 僕がこの塾に入ったのは、特に成績が落ち込んだ中学3年の冬頃だった。部活の事で頭がいっぱいだった僕は、すぐに成績を上げて塾を辞めようとしていた。しかしそれから4年近くなった今では、リード個別指導の卒業生として大学に進学できる事をうれしく思う。
リードの先生方はとにかく真摯に僕と向き合ってくれた。分からない所は何度も何度も、授業時間外ですら丁寧に教えてくれた。 そうしてくれる先生方は信頼できたし、次第に<先生>ではなく<仲の良いおじさん>のような感覚で授業をうけるようになった。
授業の間に交わす先生方との会話は楽しくて仕方なかった。マニアックな話、どうでもいい話、いろいろしていく内にこの塾にアットホームな感覚を抱くようになった。
高校2年の春、塾の英語の先生が「留学してみたら?」と唐突に僕に言った。当時、留学に憧れがありつつ自分には手の届かない話と思っていた僕は「そんなん無理」と苦笑いした。しかし、先生は僕の心境を知ってか知らずか、僕の背中を(無理矢理に)押すように留学の話をし続けた。その半年後、結局僕はNZに1年間留学するわけだが、今思えば、あの先生の一言が僕の人生を一変をさせたように思う。1年の留学で僕はたくさんの事を知る事ができた。何より自分の夢と真摯に向き合う度胸がついた。
高校3年は非常に苦しい1年だったが、リードの先生方は常に横で励ましてくれたし、僕の進路の話を自分の事のように真摯に聞いてくれた。そのおかげで何とか第一志望の大学に合格する事ができた。「合格したで」と伝えた時の先生の顔は今でも忘れられない。

振り返れば忙しい高校生活だったがリードの先生方が粘り強く僕と付き合ってくれたおかげで充実した3年間になったと思う。しかし、大学受験は自分のゴールまでにたくさんある、小さなドアの一つでしかない。リードの先生方に感謝しつつ「ここからが本番だ」と、次の小さなドアを開けれるよう、もがいていきたいと思う。

これを見ている受験生の人には是非思い切って「自分の夢」の事をリードの先生方に話してみてほしい。きっとこの人達と勉強したくなるはずだ。


<M.Yさん> 同志社大学社会学部合格

「心穏やかにすごせたこと」

 これが合格の鍵でした。

 私がずっと心穏やかに笑顔で勉強できたのは、リードがこんな塾だから……
 大、大、大好きな リード個別指導の特徴を 3つ ご紹介します!

リード個別指導は ……

  いろんな人と出会える場

「自分の環境は自分で作る!」参加型の塾

“あなたの”人生を見つめ、生きる目的を共に考えてくれる人がいるところ

 

小学生から社会人まで、幅広い生徒層が特徴です。たこ焼きパーティー、クリスマスパーティーなどのイベントが年に数回あるので、それを機会にたくさんの人と交流できます。
海外の方が訪ねてくることも!私が塾生だったときには、世界一周中のフランス人お二方とお話しする機会がありました。お二方とはその後もメールでやりとりをさせて頂き、とても楽しかったです。
あまりに勉強ばかりだと、視野がせまくなってしまいます。やりたいことが見つからない人や、大学選びで迷っている人も、このような経験を通して答えを見つけることは少なくないでしょう。

与えられた環境だけで満足せず、より心地よく受験勉強に臨める環境を自らすすんで作ろうとするべきです。リード個別指導はその姿勢に応えてくれます。
塾生であった私は、大学に関する生きた情報が少ないと感じたとき、塾生と大学に通う卒業生が交流できるSNSグループを作りました。試験が迫って心が不安定になりそうなときは、息抜きのためのプチ新年会を企画・実行して心を整えました。
卒業後の今も、高校生の大学・学部・学科探しをお手伝いしたく、大学に関する生きた情報を卒業生と高校生で共有できるシステムの企画を進めています。ついさっき大学生がとったノートを今見られるとしたら、ほら!便利でしょ


生きる目的をもっている人は強く、素敵です。目的をみつけたアニメや映画の主人公が、急に頼もしくなりますよね。明確で具体的な目的があれば、進むべき道がわかるからでしょう。

リードの先生方は、生徒それぞれのあり方を認め、信頼し、ひとりひとりの良いところを見てくださいます。自己を模索する者にとって、認められ信頼されることは生への自信につながります。リードで受験勉強にとどまらない経験をし、自信をもって自分の強みと向きあえば、“あなたの”生きる目的がみつかるはずです。
生きる目的があれば、本心からの願望「何処で何をしたいのか」がわかりますよ。

≪リード個別指導は、大学受験にととまらず、人生のアドバイザーです≫

 ネット情報だけでは、リードの良さはわかりません。あの温かさは伝えきれません。

わたしは体験授業をおすすめします!

〈受験生の方へ〉
自分なりの生き方や幸せを大事にして、見失わないでくださいね。
リード個別指導の卒業生として、あなたのお手伝いができることを心から願っています。




<M.Hさん> 神戸大学国際学部合格

「大学合格しました!」「おめでとう!よかったね」
合格が決まったときのリードの先生とのメールのやり取りです。
塾の先生とメール・・・?ちょっと不思議かも知れませんがこれがこのリードの日常です。

私は高校一年の夏からこの塾にお世話になりました。この塾を選んだ理由は、個別指導だから、時間の融通が利くからです。私みたいに学校のカリキュラムが特殊だったり、人とペースを合わせるのが苦手な人だったり、クラブで忙しい人にはうってつけの塾です。

また、先生方は勉強だけでなく、健康面でも心配りをしてくださいました。受験になるとどうしても勉強第一になってしまうので、本来勉強第一であるはずの(?)塾の先生に気を使っていただいて少し気恥ずかしい思いもしました。この塾で私が一番良かったと思うのがそういう勉強だけじゃない心配りでした。

この塾で勉強をしていて気づいたことは、自分のレベルにあった勉強をすればいいということです。受験勉強になったりすると少しでも難しい問題に挑戦したくなります。それも大切なのですが基礎をしっかりしていればいつの間にかある程度の応用はできるようになります。それを体験しました。

受験のイメージと言えば、しんどい、夜食、徹夜でしょうか。しんどいかどうかは人それぞれだし夜食は食べたきゃ食べればいいと思いますが、徹夜だけはどうしても止めたほうがいいと思います。私自身は徹夜をする体力が無かったのですが夏に少し夜更かし気味な生活をして体を壊しました。そのときは勉強どころじゃなくなってしまい病院通いで時間はもったいないし、お金ももったいないしで散々でした。

これから受験の人はまず体を大切にするのが一番です。しんどかったら寝ても構わないと思います。でも寝てばっかりじゃなくて、集中するときは集中する、その切り替えができて、後はちょっと回りを見渡すぐらいに心に余裕があったらいいと思います。

簡単ですが「合格体験記」でした。これから受験のみなさんは、ホントに無理せずに、自分の実力を発揮していっぱいいっぱい桜咲かせてください。


奈良大付属 

<I.Tさん> 奈良県立医科大学看護学科

このたび、奈良県立医科大学に合格することができ、本当に嬉しさと喜びで胸がいっぱいです!
熱意と愛情をもって私を支えてくださったリードの先生方に感謝です☆

さて、合格体験記ということで…
何を書けばいいか悩みました…
とりあえず私の受験生生活をふりかえります…

私は『しつこい生徒』だったと思います。
授業時間以外でもかまわず「先生!新しい課題ください!」「先生!現代文のワーク、また終らせてしまいました!」などなど…
でも実は、リードで勉強を始めるまではこんなヤル気は正直ありませんでした。自分にあきらめていたといいますか…「どうせ無理やし」と勝手に思い込んでいたところがあったのかもしれません。

はじめ、一応、第一志望大学を決め「できれば合格したいなあ」という気持ちをもってリードに入塾しました。入塾して、ただ与えられるだけでなく自ら学ぼうとする姿勢の大切さを教えていただきました。それからというもの「合格したい!」と強く思うようになりました。

受験日が近づくにつれて『どうしよう』が私の口癖になっていきました。そんな時先生は『どうしようって言うんじゃなくて、“どうにかしよう”って言いなさい』と私を勇気づけてくださいました。
一般教科の授業のおかげで学校の評定平均値を1学期間で0.6も上げることが出来たことや小論文(国語)の授業で先生とディスカッションし、自分の考えを確立していけたこと…

本当にこの塾でよかったです!
リードでなかったら今の私はありません。
 
一条高校

<M.Nさん> 京都工芸繊維大学合格

  私がリードに入ったのは3年生になって少ししてからでした。
私は文系科目、特に英語が本当に苦手で、定期テストで欠点をとったのも一度や二度ではなく、なにより英語を勉強するのが大嫌いでした。
 リードに入って一番変わったことは、そんな大っ嫌いな英語が好きになったことです。先生方はみんなとても丁寧に真剣に、一生懸命教えてくださって、授業がとても楽しかったので英語を勉強するのが苦ではなくなりました。
最初に大学の英語の問題を見たとき、この大学は私には無理だ!と思いました。特に自由英作文は初めて書こうとしたとき、本番まであと一ヶ月ちょっとなのに、150~200語書かないといけない問題でテーマを与えられても一語も書くことができない、というところから始まりました。それでも、先生が丁寧に書き方を教えてくださったり、褒めていただいたおかげで自信がつき、本番の試験では最後まで書くことができました。
 リードでは一人ずつ相談して、その人にあった授業の内容や回数を決められます。面談をしたり、先生と話していると塾生ひとりひとりのことを考えてくださっているのがとてもわかり、安心して相談することができました。先生とゆっくり話す機会が多くあって環境がとてもよく信頼できる場所です。
 受験では、落ち着いて自信をもって受けるということが改めて大切だと感じました。その安心感と自信を得るためには分からない所はしっかり聞いて苦手を一つずつなくすことだと思います。リードはそれができる環境がとても充実しています。

 最後に、合格できたのは先生方の心強いサポートがあったからです。とても感謝しています。本当に、ありがとうございました!

<Hinako Takeuchiさん> 国際教養大学合格

リードに通い始めたのはハンガリー留学を終えて、高2の夏からでした。
初等教育を英語で受けたので、英語は得意でしたが、高校の授業には必死についていく状態でした。
リードでは、国語の基礎からみっちり鍛えられ、スムーズな日本語表現が出てこないときには英語も使って教えてもらいました。

大学受験ではAOだったので英語の小論文と日本語と英語の面接がありました。先生と徹底的に時事問題についてディスカッションし、私が書いた英語のエッセイを先生は全て見て添削してくれました。表面的な私の問題意識を深く掘り下げてくれ、自分の意見をしっかり構築するのに助けになりました。

高2のときには国公立大学に入れるとは思ってもいませんでしたが、大きな総合大学よりも先生との距離の近い単科大学、国際教養大学に導いてくれたのです。

基礎から丁寧に教えてくれ、塾生一人一人に合った授業をしてくれるのがリードの魅力だと思います。これからリードで勉強していく人、リードで勉強しようと思っている人、先生たちを信用して、頑張ってください。

When I first began going to Lead, I was in my junior year of high school. I had just come back from my year abroad and I was having trouble in my studies at school. I used to go to a school where all my classes had been in English until my 7th grade year, so I was confident in my English ability, yet unsure of my Japanese.

At Lead, my teacher taught me the very basics of Japanese grammar before we began studying the material that I needed to know for school. My grades began to slowly improve as I learned not only the things I needed to know,but how to study as well. I learned that I first had to have the basics down before I started to study at harder levels.

For my university entrance exam, I had to write an English essay. We studied current issues and had discussions about them, which allowed me to have a deeper understanding on the world today. All the discussions we had and the essays that I wrote (which was checked by my teacher) led to a successful university entrance.

To conclude, Lead is a place where students are allowed to study at their own pace and time. Trust the teachers and do your best. Dream more than others think is practical, and the teachers at Lead will help you achieve that dream.
 
奈良北高校

<R.Y君> 奈良教育大学合格
こんにちは!
僕が今日伝えたいことはリードで勉強することがどれほど効率の良いことか、と いうことです。
僕の将来の夢は体育の先生で、第一志望校は奈良教育大学でした。 しかし、そこに受かる為にはセンターで7教科、二次で実技の計8教科という大き な壁がありました。

所属していた陸上部を6月に引退してから自分の身体をなまらないように維持しながら2月まで勉強するというのは、とても難しいものです。 トレーニングにかける時間が必要であることと、疲労の為です。
そういった理由から、僕が5時間勉強するなら友達は8時間、僕が8時間勉強するなら友達は10時間、僕が10時間勉強するなら友達は12時間 、という具合に、勉強時間はいつも周りの友達よりも少なめでした。 
とにかく練習したら眠くなるんです!!(笑)

前置きが長くなりましたがそんな僕がなぜ現役で志望校に合格できたのか? それはやはりリードでの指導の賜だと思います

僕は英、数、国をリードで教えてもらっていたのですが、正直な話、英語を自習時間に勉強するようになったのは12月頃から。現代文にいたってはほとんどリードだけで勉強してきました。 数学の勉強時間も化学や物理と比べると短いものだったように思います。

早い話がリードの授業はわかりやすいんです!!
知識がすっと頭に入ってきて脳にこびりついてくれます!!(笑)

最後に...

リードの先生方には本当に感謝しています。
リードを選んで本当に良かったです。

<K.Nさん> 奈良県立医大看護学科合格

私は高校入試から大学入試までリードの先生方にお世話になりました。

大学入試では、私は公募推薦を受けました。
試験科目は、面接と小論文……。

小論文を書くどころか、課題文すらろくに読めない私に一から丁寧に教えて頂いた岩崎先生には感謝の気持でいっぱいです。

小論文は一人では上達することができません。課題文を正確に読むことと、それに対して自分の意見を述べるための知識が必要だということを勉強していて実感しました。
なので、こうして合格できたのはリードの先生や学校の先生方のおかげです。

それから、高校での日頃の勉強はとても大切です。それを支えてくださった先生方、本当にありがとうございました。

生駒高校

<Y.I君> 関西大学商学部合格

僕がリードに入ったのは高3の6月の末からでした。
僕は野球部に入っていて受験勉強を本格的に始めたのは、8月ぐらいからでした。勉強に対して本当に苦手意識があり、定期テストも模試も学年最下位レベルでした。
そんな僕がたった半年で志望校に合格できたのは、リードのおかげだと思います。
なぜなら、自分のペースで苦手な分野を重点的にできるシステムと、質問や相談等をとてもしやすい環境が時間が無い僕にはぴったりだったからです。

特に苦手だった英語は単語、速読を頑張りました。すると、先生方から教えてもらうたびに力がめきめきとついていきました。国語も現代文が苦手だったのですが文章を読むたびに先生に詳しく解説や読み方を教えて頂いたおかげで受験では強力な得点源となりました。
また、リードのとてもアットホームな雰囲気も受験期の僕からストレスを取り除いてくれて本当に助かったと思います。リードで温かい先生方と楽しい友達と共に切磋琢磨しながら勉強に励んだ半年間は受験勉強だけでなく大きな財産となりました。

最後に、僕のように部活動を夏までしていた人は夏休みにどれだけ頑張るかだと思います。逆に言うと夏にサボった人は最後に良い結果は残せません。そんな高3の夏前にリード個別指導と出会えて本当によかったと思います。 

©2015 Institute of Teleological Sciences